全体画像
拡大画像

沢瀉(おもだか)は水盤などにいけられた水草の一種。 かの徳川家譜代の水野家の家紋にも沢瀉が使われております。 古来より戦で勝利をもたらす植物といわれ武家には愛されてきました。沢瀉紋の独特の形が盾に似ているからといった説もあります。実物の花は白い可憐な花を咲かせ武家のような強いイメージがないところが少し面白いですね。でまた農家でも雨乞いを行う際に沢瀉の紋を添えるという風習もあったようです。
当サイトでは「沢瀉」と明記していますが「沢潟」と書く地方もございます。
ホーム家紋一覧沢瀉

丸に沢瀉

丸に抱沢潟

隅切角に沢瀉

石持地抜沢瀉

石持地抜抱沢瀉
     
家紋刺繍色紙(24×27センチ
刺繍サイズ17センチ )を
5040円(税込、額無)で販売中!
詳しくはこちらか右のボタンをクリック
してください!


ホーム 家紋 十二支 四季の花 オリジナル お買い物 お問い合せ