全体画像
拡大画像

かの有名な豊臣秀吉が桐の紋を用いています。そのため彼にゆかりのある大阪城、伏見桃山城の瓦などに多く桐紋がみられます。また武家としては血族が少なかった彼は同族意識を高めるために数多くの武将に桐紋を与えたため日本に多数広まったと言われています。
尚、桐紋は大きく2つに分ける事ができます。中央の実が五つで左右が三つの家紋を「五三桐」、中央の実が七つで左右の実が五つの家紋を「五七桐」と呼びます。
ホーム家紋一覧

五三桐

丸に五三桐

丸に五三花桐

亀甲に五三桐

五七桐

変わり五七花桐

六角に五三桐

中陰桐蝶

丸に五七桐
     
家紋刺繍色紙(24×27センチ
刺繍サイズ17センチ )を
5040円税込、額無)で販売中!
詳しくはこちらか右のボタンをクリック
してください!


ホーム 家紋 十二支 四季の花 オリジナル お買い物 お問い合せ