全体画像
拡大画像
春から夏にかけて東北地方から北海道にかけて生息する植物である梶の葉。古来から梶の葉は祭具として使用される事が多い植物です。あの諏訪神社の神紋をしても使用されています。この諏訪神社の分社が全国に広がり、それにともなって梶紋も広まりました。また信者や氏子たちもこの梶紋を使用し、この中から武家に転じた家も数多くあります。有名どころではみなさんもご存じの名族諏訪氏があげられますね。その歴史、形状、葉脈がダイナミックで躍動感があることも手伝って、様々な梶紋が生まれました。
ホーム家紋一覧

丸に梶の葉


記載の梶家紋刺繍色紙(24×27センチ
刺繍サイズ17センチ)を
5040円税込、額無)で販売中!
詳しくはこちらか右のボタンをクリック
してください!
ホーム 家紋 十二支 四季の花 オリジナル お買い物 お問い合せ