全体画像
拡大画像

銀杏は元来、宋の国から伝わった外来植物です。古来から神木として祭られる事が多く長寿のシンボルにもなっております。銀杏はその独特な扇型の葉なので家紋の図案として使われることは当然とも思えます。現に銀杏紋の種類は多く存在しております。また日光東照宮にも銀杏紋がみられるため、徳川氏が松平氏に入婿し葵紋を掲げる前の紋であるという説があります。
ホーム家紋一覧銀杏

丸に違い銀杏

中輪に一つ銀杏
家紋刺繍色紙(24×27センチ
刺繍サイズ17センチ )を
5040円(税込、額無)で販売中!
詳しくはこちらか右のボタンをクリック
してください!


ホーム 家紋 十二支 四季の花 オリジナル お買い物 お問い合せ